昨日のつづき。

昨日ね、ここで我が家のシンプルごはんのおはなしをさせてもらいました。

 

私は幼い頃そんな風に口にしたことがなかったことばをこどもたちがいってくれてね。

先日も昼ごはんが幼稚園の釜で私が焼いたお芋だけだったんです。いつもはお弁当もあってそれなんですけどね、その前にジャガイモ焼いて大ちゃんが遊んでるうちになくなっちゃったから、きょうはおいもだけたくさんやくよーっていってもっていったんです。

 

その言葉に、「うんわかったよー、」って行っていたのに、昼になって、「おいもだけ?足りなーい。」って言われてね。

文句言われた感をかんじながら、「ああ、ごめんね、朝、確認した時にそれでいいって行っていたから、これしかもってこなかったんだよ。」

って、つたえたら、大ちゃん、「うん、(ああいう言い方して)ごめんね。朝はそれでいいと思ったのに、いまになってみたらたりなかったんだ。」

 

そう答えてくれてね、すごく配慮を感じました。このところたいてい、かれはそうなのです。穏やかにそう伝えてくれる。こころが大きな木のようにとっても穏やかなのです。そういう配慮を彼が持ってくれていることがありがたいなあと思うと同時に、家族のペースに合わせた丁寧に暮らしが少しはできているのかなあって勝手にだけど感じさせてもらっています。

一番は彼の感性が、私たちの気持ちを感じようとしてくれているからなのだけどね。

大ちゃん、ありがとう。

 

こゆも「おかゆさんもうあきちゃったー。」っていうけど結局は自分でカスタマイズしてチリ足したり、大根おろし足したり。

ある日、今日はこゆがご飯作りたいといい、できないとこだけを私に頼み、自分で、材料の準備して、作り始めてね。

「あれ、手伝う?」って聞いても、「いいよ、いいよ、ミシンしてて」っていってくれてね。

小さな手を真っ赤にして食器洗ってくれてるのをみて、「さっこやるからおいといてー。」っていったら、「いいの、いいの。さっこいつもやってくれてるでしょう。今日ゆっくりしてて。」

 

こゆ5歳。すごい感性だとおもいます。自分がたのしんでるのもあるとおもうけど、こんなに感じて優しい気持ちを表現してくれる感性が。

もちろん、私だけじゃない、旦那さんが子供達に向ける思い、お友達家族が向けてくれる思い、一日中家族と過ごせる幼稚園で向けてもらったみんなからの思い、去年から暮らす、ここ、コンテナハウスの土地を貸してくださる五郎さんご夫婦の思い、タイでたった10日間しか一緒に過ごさないのに、ずっと友達だったかのように関わってくれる世界の人々、農場のサンドットさん家族。。みんなの愛で満たされて今でも感性をフルに使って感じているのだと思います。

 

こうしてそばで感じさせてもらって、小さな人たちのすごさから、私を優しい人に育ててもらっています。こんなにそばに私を思ってくれるちいさな神様がいて、本当にありがとうございます、なのです。小さな人たちの背後にあるのはとても大きな木の根元。

 

きっと彼らの生きて来た中での経験全てがここにあってね。

我が家がシンプルに暮らせるようになって来たのは家族一人一人のおかげだよなあって思ってありがたいなあとおもう。

いろんなことが成り立つのは共に暮らす仲間の気持ちがあってこそ。

夫婦での話し合いも、子ども一人一人とのかんけいも。

だから私の自己満足でない家族の形になってゆくにはどうしたらいいかなあってずっとかんがえています。

 

周りに気遣う余裕なんてなかった私の幼い頃を思い出し、子どもたちの感性に涙しそうになることがたくさん。この感性を大事にしていけるお母さんになれるかなあ。大きな木の根元をもっと太くするあなたたちに寄り添えるおかあさんになれるかなあ。

なりたいな。

 

樹液チコリコーヒーと樹液とお塩で炊いた貝豆。お豆の甘みと相まって優しい甘さで娘とおやつにたべちゃった。

下は樹液で炊いたおいなりさん。冷めたら十分に甘い!!これ、いいかもー。。

白樺の命の水に感謝です。

f:id:yurukkosae:20190416064135j:image
f:id:yurukkosae:20190416064112j:image

 

ふんどしパンツのオーダー

ありがとうございます😊

 

旦那さんのブログからシェアしてくださり、オーダーしてくださった方へ、初の郵送便で旅に出る開運パンツさんたちです。

 

5枚も注文してくださいました。

明るめのものをご希望ということです明るめで優しい雰囲気のものをセットにしてお送りしました。

いつもはクリニックのため、プラパック使用なのですが、たくさんオーダーしてくださいましたし、ゴミになるのももったいなくて、お洋服の端っこのきれで、下着袋風に縫ってそちらに詰めてお送りすることにしました。

ビタミンカラーですがこちらも使ってくださるといいな。

f:id:yurukkosae:20190415080333j:image

 

いってらっしゃい。

使ってくださる方のお身体を助けて差し上げてね。

エプロン市 その1

エプロンワンピース

 

お友達がオーダーしてくれてエプロンワンピースをおしたてしました。

最近はエプロンっぽくない可愛いスカートやキャミみたいのがたくさんあるんですね。

今度マルシェで、エプロン市、ワンピース市とか、いろんな特集しても面白いかもなあ。

色鉛筆みたいに色と生地を変えて並べたらとっても楽しいと思うんです。ハーフリネン、キャンパスワッシャー、ダブルガーゼ 、リネン、コットンワッシャー。

それぞれの好みが違うから、みんなさんがどんな風に手に取られるのか、知ってみたい。

もう想像するだけでワクワク。

仕立てたいけど、お金もかなりかかっちゃうから、チャンスが巡って来たときに、やりたいな。

 

本日はエプロンワンピで。

ハーフリネンで。

型紙はhoorayさんで。

f:id:yurukkosae:20190415070828j:image
f:id:yurukkosae:20190415070820j:image

こうしてお嫁に行きました。

f:id:yurukkosae:20190416055350j:image

 

Tちゃん、オーダーありがとう。

 

 

このエプロンワンピとちょうど同じくらいの時期に割烹着のオーダーもいただいたんです。

可愛い、今時の感じの型紙をゲットできたから。

見本を作り上げまして、お友達にプレゼントしようとおもったのだけど、思った以上に可愛くて見本用にそちらは持っておこうとおもいます。自分がお裁縫始めてからの日々がそうであるように、嬉しい気持ちで身につけられるもので日々を過ごせたらいいなっておもって、またおしたてさせていただきたいな。^_^。

 

着物のリメイクを教えてもらって作務衣を作りました。

といっても生地の関係でうえだけになっちゃったんだけどもね、洋裁も和裁もできる60年もミシンを触ってる大先輩に教えてもらったんです。

触らせてもらったミシンも、家庭科室に見本で置いてあったむかしの足踏み式、ベルトが回って針が動くやつ。刺繍もミシンを操ってご自身で文字を描いてきたそうで、見せてもらってかんどうしました。今の便利さも素晴らしいけど昔の丁寧に生きざるを得なかった頃もとても素晴らしいなと思います。

私も丁寧に暮らしていける人に近づいていきたい。

昔と違って、子どもたちが外を歩いていてもお友達とあって遊んだりすることもないし、かくかぞくだし、うちの中で母子で過ごす時に、丁寧に家事をやっていたら、ちょっと待ってて、ってイライラしながらになって本末転倒なので、時代背景を考えてどう丁寧に暮らしていけるか、考える必要があるってタイで暮らして帰ってきた頃からずっと考えています。

 

おもっていたらちかづいてゆくもので、今はずっと家事がへりました。

ご飯は一度に3食分たいちゃって朝、昼分はおかずもたいてい同じもの。お汁も三食同じつもりで作っちゃう。だから実はほとんど揚げ物はしません。時間が経っても美味しいのって、お漬物とか、煮物とかだったりするからシンプルにそうなるんだよね。

 

んで夕飯は夕方出先から帰ってくるとうちも身体も冷えてることも多いから、お汁と混ぜて、少し野菜足してお味噌でお雑炊のことが多い。

お魚もお肉も最近はどなたからか分けていただいた時にいただく程度。

釣りたてのお魚は美味しいし、野禽はお肉の臭みもすくなくて、なんとなく、そうなってきてます。

 

お味噌と醤、梅干し、おつけものを作ってるからそれで栄養も美味しさも十分なので、洋食も全然作りません。洋食って実は材料も手間もかかってたんだなあって感じる今日この頃。こうしていつもごはんがあたりまえになったらあー、パンが食べたい、麺が食べたいって思うこともなくなるんですね。買い物も全然、行ってません。すごく楽で。。。。

 

子どもたちも時には、おかゆやだ。っていったりしてます。けど、タイでみんなであるものをたべることを共に経験してきています。そしてみんなでたべることは美味しいってことや、これは私の想像ですけれども、私がここにいるひとたち、30人家族のつもりで、火を起こすことから始め、30人分もの食事を作り上げるんですよね。そうしてみんなで頂く時に、食べた仲間が、おいしかったよ、ありがとう、と口々に言ってくれることを彼らも見て知っていて、人の心を満たすということがどういうことかを理解してくれているんだと思うのです。それにね、ジャングルを歩いて見つけてくる食べ物が本当にありがたいということもしってる。自分たちの口に入るものがどう来ているかを想像できるんですよね。

 

だから、素直に、今日は一緒に1日幼稚園に行ったから疲れてしまってできないんだよね、大抵そう伝えます。それに薪ストーブあったまってないし寒くて手が動かない、笑。

けれどもそうしてつくったおかゆさんをあっためて食べた時の美味しいこと。それも知ってるんですよね。

あきたもん、っていうのに、食べ始めてから、やっぱり嫌だって言われたことはありません。

それぞれにそのまま食べたり、チリを入れたり、ネギを刻んでみたり、おまけで欲しいものはコユでさえ自分で動いて準備してくれます。

 

飽食、美食の時代、確かにそうなのだと感じています。

これを核家族でやっているんだもの、いくら電化製品があっても精神的には楽にならないよね、って変わった暮らしを通して実感しています。美味しいものは好きだけど、農家さんから分けてもらったり、自分で作ったお野菜は素材だけで美味しいので、これ以上加工してさらに美味しくする必要もないのかなあっておもって本当にざっくりとしか作りません。いや、作れません、笑。

 

こんな食生活だけど、自分たちがこう暮らすことで得た豊かさが大きくて、パーマカルチャー研究所に来てくださるお客様にもこの感じをシェアしたくてシンプルご飯にします。

こうした分、畑に出る時間も睡眠とる時間もうちを修理する時間も子どもと楽しむ時間もえられるから。もちろん食事を作ることに手間をかけたい方もいるでしょう。ならばそうできる時間を1日の中から必要のない仕事を少しずつ外して行く生み出していけばいい。

 

私もいまだにあるとおもうけれど、自分の思い込みでこうやらなければならないって思ってることに気づいて外していけば意外に外せることがあると思うんですよね。

 

日本人が作るものって、パンでもパスタでもカレーでもなんでもおいしくなっちゃうから、たべることってきりがない。だからスーパーのレトルトコーナーやお菓子コーナーはいつもたくさんの商品が並んでいるのでしょうね。私の場合は、いえのごはんでも手間をかけたご馳走はたまにでいい。そう気持ちが満たされる方が豊かなんじゃないかな、ってなんとなく感じているのです。

 

シンプルご飯を丁寧に作っておしまい。丁寧に作ってもだいぶ時間の短縮できてます。

 

他の家事といえば、掃除はうちが狭いのでばっとものを元に戻して箒で掃いちゃう。2日に一度くらいかな。お風呂が2日に一度になってことにより、洗濯も2日に一度くらい。それでも全部に手をかけていたら、家族との時間を丁寧に過ごせなくなっちゃうから、必要最低限のエネルギーの電化製品のうちの一つ、洗濯機はつかっています。大事なことは省エネだけでないよね。

これだけ絞っても、これからははたけしごともはじまります。まだちいさいこゆもいるし、どこまで自分にできてどこからは何かに頼るか、自己満足でない暮らしをしていきたいと意識しています。

 

にしても家事っていう家事をしてないなあってことに気づいた今日この頃。

核家族ですからね、できないとこはできないですから。

家族での時間が豊かであれば全て良し。

 

 

 

 

 



ふんどしパンツを購入くださる方へ。

先日のブログでふんどしパンツを購入してくださる方がおられたので、写真をとってみました。

みなさま、温かいコメントとともにメッセージくださり、、ありがとうございます。

そうして在るこの日々がありがたいなあとおもっております。

 

今、ある生地はこちらになっています^_^。(全てダブルガーゼです。柔らかいのと耐久性が高いと思うので。あと、お風呂で洗って手絞りしても乾きやすいです。)

 

無地のもの。カラーはネイビー、モカ、イエロー。それも優しいお色目です。うちがわは白です。

f:id:yurukkosae:20190413210428j:image

 

紐のみ、柄を加えて。

ネイビーはドット。モカはお花。イエローはカラフルな小花。こちらも内側は白です。

f:id:yurukkosae:20190413210645j:image

 

今回、、生地を仕入れるまで、無地があったことを知りませんでしたので、いつもはこちらの織りのガーゼを使っておりました。

ペンギンさんはネイビー。しろくまさんは水色。星はこちらは織りで柄が入っているので内側にも絵柄のとこのみ、色が入っていますが、白ベースです。

f:id:yurukkosae:20190413210811j:image

薄いピンクはドット、濃いピンクはリボンになっています。こちらも内側は白ベースです。

f:id:yurukkosae:20190413211103j:image

 

柄が見やすいようにゴムを入れる前に写真を撮りました。

お届けする際は、長めのゴムを入れています。ご使用前にご自分のウエストのサイズに結びなおしてくださいね。

緩めで腰骨に引っ掛ける感じで落ちてきません。

 

どれも一枚2000円(税込)、送料別になっています。

 

わたしも小さいものを購入する時はよく郵便局のレターパックで送ってもらっています。保険はつかないそうですが、送料も360円ですみますし(こちら札幌からですので本州へは宅配便ですと1000えんこえるとおもうのです。)、基本的にはレターぱっくを利用させていただこうとおもっております。

宅配便もレターパックも送料をご負担いただく形にしていますので、保険付きをご希望の方は宅配便をご利用いただけますのでおっしゃってくださいね。

 

好きで始めたお裁縫ですので市販のもののような完成度ではないと思います。

けれども、使っていただく方のお身体も楽になってくれたらいいなと思いを込めて、カタカタとミシンを踏んでいます。

私の身体の血流が良くなり、体調だけではなく、母である私の緊張がほぐれ精神的にも穏やかになり、家族とぐっと仲良くなったこの経験が嬉しくて、お友達に使ってもらうように気持ちを込めてお分けしています。

 

使ってくださる方の日々が穏やかでありありますように。

 

 

 

廃材エコビレッジのなかまに

入れますか?笑笑。

 

新しい木材はおうちの壁に使いたくて、腕のない私は廃材を使おう、って思って始めたうち作り。

 

窓のそばにプランター置きたいのとうちは食器棚なくて皿はこれだけ、シンクの片隅に。

f:id:yurukkosae:20190409082744j:image

あとカップを置く場所が欲しかったからこんな感じで作ったの。

ついでにアバウトすぎていつも四つ足ちゃんと立たないから、紙を噛ませてついでに糸でも固定。

使い古した小さなスノコで幅を広げてみた。

f:id:yurukkosae:20190409082724j:image

 

 

これを見てむすこっち、

「おかねもちのいえみたーい!!!」

面白いコメントに大爆笑、笑笑。

 

そしてもうひとつ。

ムスメがキッチン欲しいっていうからダンボールと王冠でこさえる。

コンロの紐も含めて全て廃材。

(本日は新パジャマスタイルの料理研究家、むすめっちせんせいにお越しいただきました!オススメ料理はサンマ焼き バナナスタイル、だそうです。)

f:id:yurukkosae:20190409082601j:image

 

んで、調理器具も欲しいっていうから、ふと思いつき廃材を電のこできってみた。

失敗して作り直したら、小さいナイフと大きいナイフとして使おう、とむすめっち。お醤油もまな板も、砥石も、笑笑、作った。

センスはない、笑笑。

けどチーズの空き箱と裁縫の残りの布で作ったフライパンとミトンとみんな並べたらなんだかとっても素敵になった。

ついでにおさかなもはぎれでぬってみた。

お魚を裁く娘。

f:id:yurukkosae:20190409082546j:image

 

廃材暮らしってめちゃたのしー!!

私も廃材クラブ、入れますか?

グズグズ言わないで。

また言っちゃったな、この言葉。

 

多分お母さんの多くはこの言葉を使ってしまう人も多いはず。

子どもの不満からくるであろうこのグジュグジュさんに生理的に耐えられなくなってしまうのはお母さんだからかな、とおもう。

我が子には幸せでいて欲しいから不満を言われるとせめられてるようで、ダメなんじゃないかと思う。

 

「グズグズ言わないで。」

私はこの言葉が好きじゃない。本人にしてみれば、そう身体が動くんだもの、しょうがないじゃない、だよね。そう、わたしも頭ではわかってる。

でも口にしちゃったね。

 

多分、私は幼い頃、こういう態度をとったことがない。

母を怒らせないことに神経を張り巡らせていたから。

だから余計、我が子に対していらっとしてしまうのかもしれない。

私はそんなこと言ったことないのにどうしてあなたはそんなこと言うの?

って。我が子には関係のないことなのにね、自分が叶わなかった思いをたくさんぶつけてしまうのだということに気づいて自分に悲しくなったこともたくさんあった。

 

我が子といる時間が長いお母さんほどこういうことにぶつかるのだと思います。

自分の過去から逃げれないから。

誤魔化せないから。

 

そこのところを、旦那さんや深いことを話すことができる友人家族のおかげで、少しずつ超えて今があります。

私たちの育った時代から、共働きのお家が多くなった。

そうして子どもと関係の築き方が変わって来たのでしょうね。

子どもたちが通う幼稚園の園長は、お母さんが、お母さんとしての一番大きな母性を忘れてしまってる、と表現しているけれど、私はその母性という言葉を、母としてお腹の中にいる時から我が子を愛しみ、旦那さんを愛しみ、家族をいとしむ、そうして家族が循環していく、ということのなのかなとりかいしています。

 

我が子を理解し受け入れる力、旦那さんを理解し受け入れる力を、きっとね、本当に女の人は持っているのかもしれない、と私も感じています。

 

「グズグズ言わないで」

この言葉をふと使って、このことをまた考えています。

一つは自分が子どもの頃にできなかったからと、我が子に嫉妬するのは違うよね。この子は自分ではない、そして大事に思ってる存在だから、私のあなたに対する思いと、自分の抱えてきた思いをちゃんと区別する必要がある。

 

もう一つは今、この子はわたしといてこういう表現をせざるを得ないものを抱えているんだということに、気持ちを寄せ感じて、想像してみるということ。

こう表現せざるを得ない本人に対して怒っても仕方のないこと。

グズグズ言わなければならない本人の辛さを無視して、私の不快感ばかりおしつけるよりも、こう表現せざるを得ないりゆうはなんだろうと、私が自分の中で整理して、接してみることで、この人は今をたのしめるのかもしれない。

そうだとしたらそう寄り添った方がお互いによっぽどいいよね。

、、、と。

 

ごめんね。と、こゆにあやまる。

あなたの表現することに対して、言わないほうがいいこと、なんてほとんどないのだろうと今、思います。私が、それに対して負の思い込みをしているだけなのだから。

 

そうしてまた一つ気づいたことがある。

私に何かを伝えたい。

そう思うから、この人はこう表現せざるを得ないことがまたたくさん出てくるのだろうと。

 

こんなときにはまた、私が穏やかに相手を理解する努力をしていく必要があると、感じています。

このことって容易ではない。けれども、この地球に生きる1人としてとても大切なことだと思うのです。

子どもたちの用意してくれた学びはとても大きくて応用性の高いことが多いです。

私の生きる上での学びはまだまだ続いて行きます。

 

こゆのリクエストであまざけを作りました。

炊飯器でではなく、魔法瓶を使って。

でもそれだけじゃ冷めるの早いのでタオルを巻いて湯たんぽと一緒にお布団へ。

この時期、薪ストーブなので金属の湯たんぽならいつでも温められるのです。

麹作り、やっと身体に染み入り、大変な仕事じゃなくなりました。

今年は旦那さんとコラボして発酵機と麹作り講座しようと思います。

やりたい方いませんか?

f:id:yurukkosae:20190409050049j:image

 

 

少しずつ待つことのできる自分になりたいから。

待つということ。

 

待つ、ってね、深い。

私にはまだまだできていない。

子どもたちのことを待つこと、大人であると思い込んでる旦那さんのことを待つこと。

 

子どもたちの動きを待てなくてイラっとしてしまうことがまだある。だいぶ減ったけどまだまだある。

 

大人でしょ、ってなんでも言葉で言っちゃう。

相手の思いが帰ってくるのを待てばいいのに自分の思いを重ねて言い続けちゃう。

これもね、だいぶへったの。でももっと静かな奥さんになりたいなあ。

 

ジャングルで暮らすたびに思ってた。

もろに自然の中で暮らしてるあの場所では人間である私には待つことしかできないことがたくさんあったの。

サンドットさんもよく言っていたな。のんびり待とうって。

焚き火を起こす時も、はいの中にわずかにのこったちいさなまきに、掃除で集めた落ち葉を乗せて火をつくのを待っていた。

Key in the car をしちゃった時も助っ人が来るまで楽しそうにおしゃべりに花を咲かせてた。

 

いま生きることを楽しんでたように私には見えた。

 

でね、札幌に帰ってきて私たちは昨年のアパート暮らしとは違う山での暮らしを再開しました。

 

薪ストーブ。

夜中にまきがきれてひえてきたころ、トイレに行きたくなってたしていく。そうして朝までわずかずつつないで行くのだけど、あさはやっぱりさむい。

けれどもね、ストーブの中で小さな隅が小さな明かりを灯しながら残っているの。

家族それぞれ火の灯しかたは違うけど、私はここにかわいたまきをのせて、ストーブの空気孔を全開にして火がうつるのをまつの。

起きてるのは私だけのことが多いから。

そうしてて仕事をぼちぼち。服を縫ったり、カゴを編んだり。

f:id:yurukkosae:20190331062023j:image

 

そうしているうちにパチパチ音がして、ああ、ひがうつってくれたなあっておもう。

そしてしめったまきを足すんですね。

そしてストーブの中がゴウゴウ音を立て始めてしばらくすると、冷えた薪ストーブの鉄が緩む音も始まる。

カンカンカンって今部屋をあっためてるよーって答えてくれるんですよね。

 

ここにくるまでゆっくりだと思います。

けれどもああ、あったまってくれるなってここで思うのです。

まきになってくれた木々に感謝をしながら。

作ってくれた旦那さんや五郎さんに感謝をしながら。

ものというより家族のように思えるようになった薪ストーブに感謝をしながら。

 

そして、そう思えるようになった今、私は、待つことの楽しさを感じています。

待てる気持ちへの豊かさも思うのです。

これからまた少しずつ待てる暮らしをしたいなと。

待てる人間になりたいなと。

 

自然の中で、空気、風、おと、いろ、、、、、、沢山の自然の気配と、虫や生き物たちの動きを感じながら感性がひらいていったらいいな、とやんわりとおもいながらいとなむひび。

この感じが私の今まで気づかなかった新しい感覚に出会わせてくれているなって思います。

 

イベントで山に来て、自然の中ではしゃぐのではなく、くらすかんかく、というのかな。

毎日はしゃいでたら疲れちゃうもんね。

ここで外を眺めながら静かに没頭する時間を今、あじわっています。

 

沢山の情報もなく本当に静かで、ここからでたくないくらいいまはここがすき。

人さんに会いたくないくらい没頭してカゴを編み続ける私は今だったら発達障害って言われちゃうだろうな。

 

生まれてからずっと、周りの気配に配慮して、たくさんのことを自分の力で考えるしかなかった私はずっと頭の中がざわざわしていたのだろうな。

やっと、静かな感じを身体があじわえてるきがします。

子どもの頃にこんな風にいまはどうしてもこれをしたいと没頭する経験をしていたら、もうすこし自分の心との向き合い方が柔軟だったのだろうな。

 

自分の今感じていることも昔、経験したことも、今の家族との暮らしに生かして今、一番気持ちよく行きていける方法で日々を過ごしたいな。

まずは暮らしの中で待てることを増やしていこうと思う。

それはいつか、人との関わりの中で、自分との関わりの中で生かされて行くから。

 

子どもたちがそばの森のご飯やさん、「おうちごはん 野の」さんに油を買いに行ってくれました。調味料は本物を使いたい私たちにとってありがたい野のさんの存在。

最寄りのバス停まで4キロ、最寄りのコンビニまで5キロなのに、自然食品を買わせてもらえる場所は徒歩10分。こんな奇跡、そうそうないです。

お料理が大好きな大ちゃんの勉強にもとってもありがたいです。

できたばかりのカゴを持ってく、ってはりきってでかけてゆきました。

初めてのおつかいを読んでモチベーションを自分であげて、

「買って来たよ」

って置いてくれたカゴの中には油とふきのとうが一つ。

こういうのって本当に愛しい。

f:id:yurukkosae:20190401063633j:image

 

子どもとの時間ってこんなふうに綺麗なことばかりではないのだけれども、そうしてしまっているのも結局自分なんだよね。

こういう愛しさを小さくたくさん感じられるおかあさんでいたいな。

豊かな気持ちにさせてくれる小さな存在にありがとう。