その21 終わらない歌を歌おう♩

切り出した竹で壁を作ります。

まず畑に鉈を入れて細かく割って行くので鉈を研ぐところから。自分の鉈で経験を積んでます。私と同じ素人の仲間たち何人もが使い込んで来た鉈はちょっと使いずらいので。研ぐにも経験が必要なのだと学びます。

 

竹に細かい裂け目を入れて、それから竹に刺した鉈を左手で持ち、右手で竹を金槌のようにして叩いて上から下までさいて、壁を編むパーツを作る。この作業、一つ一つの竹にしていきます。

f:id:yurukkosae:20180217131618j:image

f:id:yurukkosae:20180217131636j:image

それを2日、ご飯を作る時間以外はひたすらひたすらやって行きます。

f:id:yurukkosae:20180217131852j:image

やっとできた壁を立ててみました。感動。美しい。

f:id:yurukkosae:20180217131938j:image

そして勲章。傷と騒いでる時間がもったいなくて手ぬぐい巻いてノンストップ。痛いけれど好きな作業。

f:id:yurukkosae:20180217132014j:image

 

でもね。壁って一枚じゃないんです。また竹を取りに森に入り、同じ作業を繰り返す。とは言っても地面の状態も同じではないので今度はラウンドに挑戦。

f:id:yurukkosae:20180217132304j:image

 

したけど、私にはできなかったから自分にできる方法でやり直し。

なんでもやり方を聞いていた自分に気づき、今回は聞くのをやめてみたんです。

この経験を積んだら聞いてみようと思います。この失敗と自分でやる経験をしたことで自分でやるにはどうしたらいいかが、本当にわかると思ったのです。

そんなこんなでまた2日かかり一枚が完成!

f:id:yurukkosae:20180217132620j:image

 

けれどもあと8枚くらい残っています。

出来上がることは楽しい。けれども長い長い道のり。

終わらない歌を歌おう〜♩とうたいながらの作業になりました。終わるのかな。終わらせたい。

 

自分の身体での経験を一つずつ積んでいる感覚があります。

そして初めてのことを、人に頼りすぎず、自分で経験して見ることを経験して、自分の発想力に驚いています。ただただトライしてみること。

 

子どもたちの生き方のように挑戦してみること。こうして不安から入る自分が変わって行けるかもしれないなって思い描いてます。

 

もっと気楽に生きて生きたいから。

 

その20 自分で作り上げること。

今年は思い立ってはじめての建築に手を出してみました。きっかけは竹細工が好きだから。カゴを作りたいのだけど、まずはうちを完成させたい気持ちもあり、好きな仕事を見つけたのでトライ。

 

とはいっても、まず竹を切り出す作業から始まるのです。

この神聖な森に入る前に、入り口にある仏様に挨拶を知る私たち。こないだは娘がイチジクを探していたので入る前に挨拶とともにお願いをしたら、ほんとうにみつかったのです。自分の流れにのるために、祈ることで、すっと自分の見つめるものが定まるのかもしれません。神様が助けてくれたのでしょう。

f:id:yurukkosae:20180217130223j:image

そして鉈で切り出します。棘は飛ぶし、竹に登った赤蟻が首に落ちて来て、反撃されるので厳しい。

でもこれは、自分で経験して見なければわからなかったこと。一から何かを作り上げる、でもこれは私にたくさんのことを教えてくれます。

f:id:yurukkosae:20180217125841j:image

切り出した竹を引っ張り出します。今度は体力勝負。

f:id:yurukkosae:20180217130536j:image

切り出した竹を運び出す準備。竹の表面についた細かい棘をそこらにある葉っぱでこすり落とし、運びやすいサイズに切ります。

f:id:yurukkosae:20180217130624j:image

そうして森から運び出し、車に積んだ絵運ぶ作業。たった二本、壁2枚分の竹を切り出すのに1時間。

 

でもこの経験は、自分がどんなに支えられて暮らしているのかを、日本の暮らしに合わせてみると、感じられるのです。

 

そしてね、こういう作業が必要な中にいると、人同士の助け合いの豊かさも感じることができるのです。

今日は子どもたちが助っ人。遊びと学びをともに経験しています。

その19 タイパンツ作りたーい。

こちらのトラデショナルの服。イベントがあるとそれぞれいろんな柄のこの服を着てます。ゆるくてらくそうだったから。コユと大ちゃんのを仕入れました。

f:id:yurukkosae:20180202090846j:image

 

女の子はもう少しカラフルなもの。今日は持ってないので今度コユにきてもらって記録したいな。

 

ちなみにパンツはタイパンツ。帰国したら子ども用のタイパンツを作りたくて購入。裾にゴム入れても可愛いし、カラフルで作ったらたのしかろうなあ。こちらで何か生地も買えたらいいなと思ってます。

 

昨年購入したコットン生地は織りが粗くて子ども用にはすぐに引っ掛けて穴が空いちゃうものだったので、今年は違うものを今からマーケットで物色してます。

 

大ちゃんにきてもらったので着画が取れた。小坊主さんみたいでちょっと可愛い。サイズみて買ったのに少し小さかった。。夏にはきれないかもなあ。作ったらってことだね。

f:id:yurukkosae:20180202091419j:image

その18 旅に出ると思うこと。

旅に出ると気づくことがある。なんとなーく今回もそんな時間がもてた。

 

最近、子どもたちが一日中わらわらくっついてきてくれるので、「しばらくはなれてくれーい!」と思ってたけどね、今日は自分が一時からねれないもんだから久々に自分時間満喫。

 

子どもたちが離れない理由はなんだろなあ。それによって自分がいらっとしちゃうのはなんでだろなあ。いろんな自分の出来なさを受け止めきれなくなるのはなんでだろう。受け止められない時もあるけどね、それも人生だけどね、なんかウサウサしててもったいない。

 

人生なるようになるしかないし、したいようにするしかないからね。

 

したいように、、、、あ、ここに来ても私、まだ家族にも、自分にもうるさいんだなあ。。

 

したいようにしてないときに、ウサウサするんだなあー。

 

したいようにしたらいい、ただそれだけ。

 

自分の今の気持ちを無視して思い込もうとする癖があることを思い出す。

最近は、したいようにしてる、そう思い込む癖があったのかー。

 

もっと今、今で、気持ちを柔軟にしていけばいいのにねー。

旅に出てその場所その場所楽しむあの感覚のように。

 

「〜してくれないなら、今度からあれ、しないよー。」というコユに、「〜したいんだけど一緒にしない?」って言えばいいのにー、素直に表現するだけなのに、っていいながら、自分が1番素直じゃなかった。我が子はカガミって本当だねと、またも痛感。

 

相手の気持ちを変えようとして言葉を選ぶんじゃなくて、自分の気持ちを表現することで伝わるのを待つ。そうすればいいのは自分でした。相手も自分も、今、今で、変わってゆくのだから。

 

幸せ?って聞くと「うん、幸せ!」と即答できる思い切り今を好きなことで生きている我が子たち。私は母にしてもらったことでそんなとこまで育ち直せるのかもしれません。そだちなおせるとしんじてます、

 

子どもよりずっと時間をかけながら。

 

村長さんと息子くん。これからカゴしょって家族でお買い物。小さなうちはどこで過ごすにも家族と一緒。この安心感があるから、ここの子達は、おおらかに育っているのだろうと想像します。家族は安心基地。家族が過ごす地域は安心できる繋がりがあるといい。我が家のこれからもそうであるようにいのりながら。

f:id:yurukkosae:20180202070450j:image

その17 日本という国の持った豊かさ。

ふーっとね、おもったことがあります。

 

先日、ナーン県にある山から滲み出てる水を煮詰めて塩を取り出してる作業村で塩を手に入れました。シンプルに煮詰めただけの塩は、しっかり乾ききっておらずずっしりで味もからみが強くない。でもその素朴さと、ここの土地がどんな場所かなんとなくわかってる安心感でありがたく分けてもらってきました。塩がローカルなんて私には初めてで嬉しいこと。

 

そしてね、いつもサハイナンで黒糖を使います。タイで取れたブロックのままの黒糖。調理に使うにはちょっぴり手間がかかるけど、この国で取れたものってありがたい。そしてローカルな野菜たち。ゴマやピーナツもローカルなのでここではありがたくいただいています。

 

パパイヤ、バナナ、マンゴー、ジャックフルーツ。一見すると日本人である私には果物だと思うけれど、これらは未熟なまま摘果して、野菜としてもいただきます。スープにも、サラダにも、炒め物にもなる。

 

ああ、タイって豊かな国だなーって思ってふっと、日本を思い出しました。日本もね、とっても豊かなんじゃないかって。

 

お米がとれ野菜がなる。木々と川がありどうぶつがいる。四季がある。塩だってお砂糖だって取れる。私が住まわせてもらってるのは、それをローカルにしても成り立つ、北海道だし、日本には、人間を生かしてくれるものが全て揃ってるって気がついちゃったんです。子どもたちが遊ぶ自然があり、私たちを癒してくれる景色がある。食べ物も実は豊かなんじゃないかなって思うんですけど、食料自給率40パーセントっていうのは何かの間違いなのでは???、って思ってしまうくらい。

 

食料廃棄率が世界でも特に高いって本当かなあ。とりあえずコンビニでバイトしていた頃はたくさん捨ててました。それが動物の餌になるとしても、ケミカルだらけのものを食べた動物のお肉を頂きたくはないし、自分が育てたものが廃棄されるとしたらとても悲しいし、自分を大切にされてないようで多分嫌になると思う。。自分で育てた野菜で作ったおかずが腐っちゃったからごめんね、と言いながら畑に巻くのとは全然違う気持ちだろうな。

 

この四季があるからいつも違うものが食べられて、野草のような毎年一度あえる自然からの贈り物を嬉しい気持ちで愛でることができるって思ったら、廃棄になってしまう食事のシステムを変えた方がいいのだろうなと思います。今できることはしてるけど改めて自分に何ができるかなあ、と考えてます。

 

暖をとるエネルギー源となる木々だってある。それを育てられる経験を持ってる方がいる。水が豊か。水が豊かということは生き物が生きられるということ。それは安心という心の豊かさにつながる。

 

八百万の神というように日本の自然を守ってくれるかみさまがいたんだよっていう感覚、旦那さんとともに、私たちなりに最近感じています。心の忙しさで神さまが守ってくれているということを忘れちゃならないなと感じています。それでは心の穏やかさを持った日々を自ら失って行くきがしていて。

 

そしてね、サハイナンに来て、日本の文化が好き、って行ってくれるいろんな国の方に出会います。アニメや伝統食、自然、察する文化を持つ人々。車のように日本人の繊細さが生み出した技術。

 

もっともっと、ここに書ききれないくらいたくさんたくさんあります。日本の素晴らしさをもっと語り合えたら、もっと意識し合えたら、もっと住みやすく生きやすくなってゆくのかなあ。。

 

わからないけれど、もったいない!!なんだかもったいない。もっと自分たちで暮らす知恵を持って助け合えたら、日々に安心がもてるのかなあって感じてます。そうしたらもっとみんなが優しくなりあえるのかなあって。

 

実は日本はとっても豊かな国。だからそんなとこに住む私たちはきっと、もっともっと、優しい存在なはずなのですよ。うん、きっと。

ちょっぴり旅行。

というわけで旅に出てます。タイの北部からラオスの端っこへ。

 

ナーン県から国境超えて。トウクトウクとバスで、サハイナンと同じような、竹の手作りの家の集落が点在しています。人々の暮らしと表情が見えるのが好きで、観光地には行ったことがないです。そしてね、子連れでバス頼りで移動している私たち、ちなみに旦那さんが慎重派なものでその村を訪ねたことはありません。

 

化粧っ気のない素顔で、土っぽい服を着て生活をしている人たち。子どもたちは木の棒できのみをつつき、朝は庭に焚いた焚き火の周りに人が集まっているようです。標高も高いので寒くて、上着を忘れた私は旦那さんのフリースを借りているところ。

 

そんな山道を通るものですから車に座っていてもお尻が右へ左へ揺れてゆっくり座っていられない状態 笑。Hongsaという小さなコンビニもないような街について、ゲストハウスを当たって一泊。お昼は持ってきたカオニャオと日本のふりかけ笑、夜になる前に屋台でご飯です。

 

小麦粉の麺はとってもジャンクそうだったので、明日の移動を考え、いつもの米粉麺、クイッティアオ。多分、化学調味料は入ってます。けれども一緒に入ってるお肉は毎朝時間をかけてとろとろに煮込んでいる小さな村の屋台。手間がかかっているのに化学調味料、勿体無いなあっていつも思います。おばちゃんがあとで持ってきてくれたから、この写真には写ってないけどこれに葉物と豆とチリとハーブという生野菜が付きます。

f:id:yurukkosae:20180202044115j:image

 

トラディショナルなこういう食生活。肉を取った分、ハーブやニンニクが消化を助けてくれるのだと思います。野生の木の葉っぱもたべます。サハイナンでもそうだけど、こういう食生活をしながら身体を動かす暮らしがココロとカラダのバランスを取ってくれるのだろうなあって感じています。そして川に入り水を浴び、森の中で音を聞き、素足で歩く。風の音を聞き、自然に敬意しめしながらくらす、そのすべてが動物が生きて行くには必要なものな気がします。

 

もう少しかきたいけど、この続きはまたにして旅の話。夜になる前に宿に帰り、beerlao(ラオスビール)とタイの銘菓、ココナッツロールというお菓子を買って、旦那さんのお誕生会。いろんなお菓子が入ってきているけど、この伝統菓子は、結構シンプル。米粉と砂糖とココナッツとパンダンの葉。米粉なのが嬉しいのと、今はやりの甘ったるさがなくてこどもたちほおばります。

 

で、夜になって、次に来るときはもっと田舎にステイしたくて、パソコンで調べました。けれども、、、、小さすぎて地図が出てこないんですねえ。。私たちがいるとこすら、出てこない。地図にも載ってないんだなあって改めて実感します。子どもたちがいるから無茶できないけど、次は今朝通りがかりに見つけた小さな村のゲストハウス、突撃してみようと思ってます。

 

タイとラオスとまた微妙に言葉が違うので、英語が通じないのとバイクで移動ではないのでちょっぴりハードルに感じてしまったけど次はそうしよーっと。

 

夕方、屋台のおばちゃんにどこからきたのって聞かれて、タイ語で「 イープン」、って言ったけどつうじなかった。今日もしもあえたら、次はイープンロット(日本の車)、 ホンダ、ミツビシ、トヨタ、って言ってみよう。違う国で、ホンダ、三菱、トヨタの中古がバンバン走ってる。日本ってすごいなあ。。。。

 

こんなのもめちゃめちゃ美味しい。カオマンガイの豚肉バージョン。カオカームー。豚肉に卵手作りで、野菜はおひたし。これにチリソースがつきます。屋台はそれぞれのおばちゃんの味。もはやファミレスはレトルトだからこういうのってすばらしいなあって思います。

f:id:yurukkosae:20180202044607j:image

あがりまくってますが、個室の前に、休憩テーブルがあって子連れにはありがたい。ここで買い込んだものを広げてます。

f:id:yurukkosae:20180202044921j:image

その15(我が子と過ごすひび。彼らが教えてくれること。)

コユのこと。

 

最近のコユは頑固一徹。親に気を使って来すぎた私と違ってがんこをおしとおします。もう何を言っても譲らない。

 

昨日はそれに耐えられなくなり、私がはらをたてっぱなしだったので、喧嘩したり、私がランナウェイしたり、ぶつかりまくって1日が終わりました。

 

そんな1日を振り返り、私はどうしたらいいのだろうって考えてます。頑固一徹とはいえ、優しいコユはたくさんの気を使ってることも知ってます。だからそれでも自分を主張できるって素晴らしいなあって思ってる私もいます。

 

そもそも私は何に腹を立てていたのだろう。。と思い返してハッとすること。私が食べて欲しくないものは食べるのにご飯は食べない、とか、私の話を聞かずに意地をはる、とか、考えてみたら、私が勝手に気をもんで自分の思いを押し通そうとしていただけなんじゃないかって。


昔の私はそういう主張ができなかった。でもしたかったのだろうな。安心できるからそういう表現ができる、そういうことなのかもしれません。ここで私も意地を張ってもなんの解決にもならず、コユが持ってる自分らしさを失ってしまうことになるかも、しれない。コユはもうすでに優しさもユーモアも十分にもったひと。


それを信じて受け入れること。嫌なことは嫌と伝える、けれども家族一人一人を信じているからこそ、だまって受け入れる必要が母として、妻としての私にはあると、今は感じています。ただただ受け入れること、今日も、また一つ器を大きくするための修行。

 

私もあなたもまだまだ育ち盛り。「まあ、いいや。」を増やしていきたい今日の経験。


彼らに対してひていせず、怖がらせず、怒らせず。それが私にとってもじつは一番の楽な方法なんですけれどもね。私が柔軟ならば、頑固さも解きほぐせるはずですし。私自身がそうありたい方に行動に移す癖がついてないので今はまだ難しい。


頑固一徹。それだけ自分に自信を持てるコユが羨ましいなあ。そんな娘から力づくで教わったこと。今日も育ててくれてありがとう。

 

コユと大ちゃん。それぞれの畑を作った。思い思いのたねを植え、耕した畑は 賑やかすぎてどうなるのだろうか?という感じだけど、大きくなあれと、トトロのワンシーン。毎日毎日おまじないをかけてぐんぐん育ってます。かわいいなあ。。

 

f:id:yurukkosae:20180201071514j:image