ポワンパンツ100サイズ。

さーちゃんの洋服屋、開店。

できたできた、男の子のズボン。おとこのこのってあんまり可愛いのないなっておもっていたけど自分で作ればよかったんだー。こんな年齢だし、可愛い一枚です。

 

さてさてこちら。

f:id:yurukkosae:20171118194721j:plain

 

マホエアネラ さんのポワンパンツ。スパッツ付き。生地は猫の隠れ家さん さん他。男の子だけどお花柄。ちょっと和柄というかビンテージ風というか、ちょっと気に入ってます。

f:id:yurukkosae:20171118194755j:plain

 

こちらはハーフパンツ with スパッツ。生地はmochamocha さん他。

 

ちょっぴり長めのスパッツでくしゅくしゅになります。それがかわいくてコユのお友達をイメージして。それにこのスパッツふわっとしていて気持ちよくて。

 

昨日、ミシンに向かいながらふとおもったこと。

 

手作りするとね、生地代だけで結構かかるんです。だからね、大手量販店のセールの値段で服を作るためにはかなりの安値で人件費を済まさないといけないと感じています。

 

発展途上国で低賃金労働って多分本当なのだと思います。先日旦那さんがそんな映画を見てきたけど、私たちの幸せのために身を削ってる人がいる。子どもを足元であやしながら1日働いて何十円の稼ぎという世界を想像して、複雑な気持ちになりました。私たちはボタン一つでお湯が沸く生活をしているのに、その家族はわずかな食事のために親子の時間を削って働いている。

 

みんなが幸せでいれば争いは起こらない気がするのです。恐怖の中で生きるのは私にはできません。そんななかにはいたくない。だから他の人にもそう願っています。

 

そうミシンに向かいながら改めて思ったのです。そんな私ができること。

 

私は自分で必要なだけの値段設定をして、仕立てた服を売らせてもらおう、と思っています。服を作るということはこれだけの値段がかかる。それを知ること。

 

それは服だけではなく、野菜にも言えることで、安く買おうと思うから農家さんに無理が生じ、農薬だらけの野菜になるのです。現場を知らないから、形のいい野菜じゃないと嫌だと思うのだと思います。どうやって服ができるのか、野菜ができるのか。そこにはどれだけの人の手と気遣いがなされているのか。それを知らずに安全な食べ物を安く買おうとか、安い服をもっとセールで買おうとか、、、どう考えても無理なことだと思うのです。どこかに犠牲が生まれることだと想像すらつかない暮らしに違和感を感じつつある今日この頃。

 

私が大切に仕立てた服を必要な値段で買っていただくこと、それにより、これだけお金がかかることを知った方が、生活の仕方を変えてくださるかもしれない。それが10年後になにかを変えているかもしれない。

 

なので私が伝えたいメッセージを込めてこの服を受け取ってもらいたいなと思っています。

 

本当に必要なものはもっとわずかだということ。

自分が本当に必要ことは、お金や人様の心という価値が、決して安いものではないこと。

 

私は自分がしたい方向に時間をかけて変わって行きたい。自分のいまの暮らしの中にわずかでも三世代先の暮らしを思えること、争ったり、否定することではなく、自分が今できることから必要な方向へ行動を変えて行くこと。

 

それに衣食住が自分のそばで作られていると、どう成り立っているかわかって安心につながることも分かったのです。自分の身近でなおすことができるから、より自由にいられるのです。そういうコミュニケーションが便利になった今は減ってしまったのでしょうね。コミュニケーション力、昔の方がしぜんにみについていたのかも、しれません。

 

多分、もっと時間をかけて、人を理解しようと努力すること、そうして生まれた優しさの中でひびをいとなんでゆくこと。私がしたい暮らしなんだと思います。そしてみんなで心地よい日々を営める時間が増えたらいうなあって希望を持ちながら。