足るを知ること。

ジャングルで暮らして知ったゼロから始まる暮らし。

それは、今日この日を生きるということは昨日まで作って来た自分をゼロという土台にして積み重ねていく作業なのかもしれない、と感じています。

 

足るを知る。

この言葉をジャングルから帰ってなんど想像しただろう。

わたしは足るを知ろうとしてる人間なのだろうか?

自分が怒りの中から解き放たれたときとても強く感じます。

わたしは今、ここで生きているだけで十分だし、それは今目の前にいる人も同じなわけで。

 

足るを知ることは物だけではない。家族に対しても自分に対しても。日々の暮らしに対しても。

 

私たちは生きているだけで十分。昨日、自然療法に先生から学んだ 人がいるということは目の前のものがあるということと同じ。 

わたしはジャングルで強く思いました。虫と人間は全くの同等であることを。それからわたしは殺虫剤を使わなくなった。

 

目の前のことをただ受け入れることができる人間になれたとき、わたしは本当に「足るを知る」ということが腹の底に落ちるのかもしれません。

 

誰にでもなく、まだまだ足るを知らない人間でごめんなさいと謝りながら、今瞬間穏やかであることに改めて感謝をしています。

 

ありがとう。今のわたしの心に、体に、家族に、時間に、空気に、、、、。全てに感謝を込めて。ありがとう。愛しています。

 

浄水器のカートリッジを捨てることへの違和感。微生物は大地だけでなく自分を作ってくれていることを知ってから感じています。やだなと思いながらゴミを出す違和感があったのはそれ自分にとって不誠実だったから。

炭に変えました。飲み水はこのタンクに夜のうちに入れて濾過します。きっと炭の効果で2,3日は腐らないでしょう。実験も兼ねてます。

 

そして洗濯も炭を追加しました。もちろんお日様に干せば水だけで平気なんです。でも北海道は冬は雪なので外に干すシステムがどこのアパートにもついているわけではないので、生乾きの匂いが残ったりします。洗濯槽も においがでるようになってきます。

炭と塩で洗ったその日から生乾きの匂いがぱたりと消えました。洗濯槽の匂いも。本当に目からウロコってこのことだと思います。洗剤を使いたくないけど、匂いが、、、という方,是非お試しください。わたしも実験続けてどれくらい持つかとか、使用後大地にお返しするまでどう使って行くかを発信して行きたいと思います。

f:id:yurukkosae:20170814071428j:image

f:id:yurukkosae:20170814071442j:image