一汁一菜我が家ご飯から生まれた時間で。

   思い立って我が家ご飯を公開してみることにしました。新しいネタ作り、笑笑。

   昨日の朝はコユもリクエストでお顔ご飯。おかずがふた品でちょっと豪華です笑笑。玄米ご飯に旦那さんはチリほっぺ、子どもたちはゆかりほっぺ。玉ねぎスライスの酢漬けとレタス、保温が甘くて出来かけ納豆にくるみと味噌を混ぜ込んだおかず。それに、ワカメと玉ねぎのお汁。

 

   My family eat simple foods.This time is one plate food and miso soup.My daughter did request smile decoration.Rice and nattou with walnut miso and picked onion with lettuce.

 

f:id:yurukkosae:20170401060411j:image

 

   こちらは今朝。ご飯にとろろをかけました。お醤油を切らしていたので、お味噌を作った時に上がったたまりをとろろに混ぜ込みかけただけ。そして玉ねぎ、人参、大根のお汁。ローのとろろと根菜のあったか汁、手前味噌で。重ね煮のお野菜を作ってから水を足しお汁にしているので、だしなしでもとってもいい香りがするんです。手抜きできますし。今日は昼はご飯と根菜汁のみだな、きっと。夕飯のおかずはまだできてないけどきっと大根のハーブソルト漬けです、簡単、笑笑。

 

  This morning is grated yam on the rice and vegetables miso soup.This is simple,but this is good for our body.

 

f:id:yurukkosae:20170401060425j:image

 

   ちなみに大根は熊本の無農薬の聖護院。最近、スーパーも併用しつつ、普通の暮らしの中で私のしたい暮らしするにはどうしたらいいかな、とか、スーパーで買い物してまた新たな発見があるかもしれないと、気づきのためにこの端境期を過ごしています。だからいつも無農薬ではないので、出会うと感動。そしてね、農家さんから送ってもらう暮らしをしていたから、繋がりがない中での買い物って、値段でしか選べないんです、私。。

 

This is Japanese radish .This is organic.So I can eat everything!! No garbage!! I am easy and happy!

f:id:yurukkosae:20170401060442j:image

 

   スーパーに並んでるお野菜は農家さんが食べるものとは別に出荷用に作られたものって本当かな、とか、こないだ八百屋さんに 特別栽培といっても、基準が曖昧だから、関東で作ったものと、北海道で作ったものは全然違うんだよ、と聞いたことも頭をくるくる。手に取ったお野菜がどんなものなのか、どんな思い出作ってくださったものなのかわからなくて選べないことに気づきました。

 

   農薬を使うのが悪いことではないことも知っています。農家さんの暮らしがかかっており、私たちが綺麗な形のお野菜を求めた結果だということも知っています。だから慣行栽培の農家さんの気持ちを考えることもたくさんあります。でも自分たちさえいいものを食べれたらいいや、ではなく、これからの子孫のために、大地を守りたい気持ちもあります。そんなこんなでいろんなことが頭をくるくる。。。

 

   こんな暮らしを経験してこんなことに気づいて考えて。。これからどうしてゆきたいかはゆっくり考えていこうと思っているけれど、私は人との関係性の中で、物も、食べ物も、取り入れてゆきたいなあと感じています。その方のお話も聞けるし、どうやってこのお野菜が来たかもわかるし、知るってとても大切なこと。つながりってとても大切なこと。つながりから得たものは決して無駄にはしないし、そのつながりで相手を想う気持ちは自分の優しさをもっと育んでくれる。そう、感じているので。

 

    だから地産地消ではないけれど、この聖護院大根は以前、レンコンを送っていただいたつながりのある農家さんでもあり、嬉しかったなあ。そんなわけで久々に丸ごといただきます。スーパーの人参は皮を取るのですが、大根と葉の付け根も含め、皮ごとお料理して丸ごとぜーんぶ。台所散らからず、ありがたい!!そして鍋に入れてストーブにセット。ご飯も圧力鍋にかけて。。

 

   そんな朝。今日は子どもたちのリクエストでお味噌汁をストーブの上でコトコト煮込む時間は、本を読むことになりました。朝から両膝に座る子どもたちの隣で、旦那さんは趣味の発酵食作り。。読んだ本はこちら。

I read these book with my kids. From morning,I took time with kids. Today I can afford to spend with my kids.This book name is wakattasan's ice cream and Strange key ground mother. These book is bestseller since I was small.

 

Mother can afford to spend with small kids. Then kids can feel love.This is important for growth.This is base for life.

 

 f:id:yurukkosae:20170401060654j:image

 

   図書館で借りたもの。懐かしい名作はいまでも名作なんですね。かぎばあさんは大ちゃんが、わかったさんは大ちゃんの真似してコユが借りたもの。最後まで聞けるのかな??

 

   まずはわかったさん。懐かしいなあ、楽しいなあ。ゆっくり読めたので私の方がワクワクしてしまいました。昨日の夜から読んで、と言われていたのですが、自分が疲れて読めなかったのです。こんな朝の時間なのに、膝に子どもたちを抱えて読めて、返ってよかったな。私が幸せでした。半年前まで、朝からイライラしていたことが嘘のよう。イライラしないでいられる、自分自身がこんなに幸せでいられることに驚いています。こんなにそばで、自分が穏やかな心で、子どもの匂いを感じられるなんてわずかなんだろうな。うーん、愛しい。

 

   もう一冊はじかいに。