読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わるということ。

この半年、本当にいろんな変化をさせてもらって、びっくりするくらいイライラしなくなったし、迷いがなくなった。だから日常も自分の変化に気付き、びっくりしたり、嬉しくなったり。買い物もあまり迷わなくなったし、我が子との動きもスムーズになり、どこかへ行こうと思ったら動くし、自分の体調でキャンセルになりごめんねということになっても、二人で新しいことをして遊べるとおもうのでひきずらない。そうすると子どもたちもさっぱりしたもので、1時間くらいして、やっぱり大ちゃんも疲れてるから行かなくて良かったな、なんて言ったりして、まずは自分に無理をしない、それが基本だなあとつくづくおもう。

今も目の前で楽しそうに遊んでいたと思ったら、ケンカ勃発。ああ、また始まったなあ、と思いつつ、この時間の流れていくんだなーって思ったらイライラはしない。それを忘れちゃうことももちろんあるし、うるさいなーとは思うこともたくさんあるけど笑。どっちの言い分もわかる気がするし、二人の関係性があるから、あっちがいやなおもいしてるでしょって私が怒っても、それは一瞬だけで、一緒に遊びたいって気持ちのほうが強くて二人の中で解消されてることが多いことに気づいた。余計な口出しはするものじゃないね。お互いを想う気持ちがすごく強いことだけは感じているのであとは私が、どう受け止めて邪魔をせずにここに居るか、ただそれだけなのかなって思う今日この頃。時には修行、でも最近はそんな新しい発見が楽しい。

イライラし始めると最近は、イライラしてますよーって自分の中で警報がなる。だからこどもたちに怒る前に、ちょっと怒りたくなってきたんだけどさ、って言ったり、イライラしてる、って自分を見つめながら怒るので、気持ちの切り替えが早い。今のは私の感情が大きかったよ。これはあなたたちとは関係ないわ、ごめんね。という言葉を添えてつたえなおす。

そうして思う。私は今、大ちゃんを信頼してる。コユを信頼してる。旦那さんを信頼してる。自分も信じてる。そうなって生きることが らくになった。楽しくなった。未熟な自分も含めてどんな自分も自分だから、って今を受け入れられるようになった。

我が子を自分の一部にしてた自分が見えて、びっくりして、ここからまた自分でびっくりするのだけど、そう感じた途端、大ちゃんは私から切り離されて見えるようになった。抱きしめられなかった時間が嘘のように、今は、たくさん膝の上に来てもなんともない。本当に嫌だったあの頃は、抱きしめたい自分の思いと、嫌だって葛藤で、苦痛でしかなかったのに、今はなんともない。コユとサンドイッチで抱きしめて嬉しそうな大ちゃん。大ちゃんとコユで膝の取り合いになっても困ったねえ。。本当にただそれだけ。コユもかわいい。大ちゃんもかわいい。信じられないくらい自分が入れ替わったような、そんな感覚。

自分が自分でいいと受け入れられたこと。迷った時も時間をかけて自分はどうしたいのかを考えたらいい。責められたと思ったときも、自分がしたことは自分に誠意があったかを振り返って、矛盾していなければそれでいい。揺れなくていいとじっくり自分と話をする。(人から責められると自分でも自分を責めてしまうという習慣があるので責められると揺れてしまうので) そして気づいたら変化を受け入れる、変化をしてみる、そうして今を積み重ねていったらそれが私。今思う私との付き合い方はそんな感じで、そうすることで日々穏やかに在れる自分がいる。

そんな風に生きてみたら、小さい子どものいる毎日も 大変 ではない。なんだか、面白い。日々違うことがたくさん訪れるから。家族でいることが気持ちいい。旦那さんとの意見の違いもその都度、すり合わせていく。そうすることでお互いに気持ちがいい。愚痴ることがおもいあたらない。そんな状況にいる自分が幸せだと思う。そして、自分を受け入れてゆくことで、気持ちよく変わって行けると思う。

最近気づいたこと。トモエにいる時間以外はほとんどしかめっつらだった私が、おだやかになった。顔の筋肉が緊張しなくなって初めて知った、自分がいつも怒っていたのだということ。そうしたら自分は本当にイライラすること、責めること、争うことが嫌いだったんだと思った。人間だからイライラもするでしょう、そう言われるけど、イライラするのが本当に嫌いなんだから、イライラはなるべく無くした方が自分が幸せ。別にイライラしてもいいんじゃない、そう思いながら、イライラしない方が自分は好きだなーって自分を想うのだからそうなれるよう思考と生活を変えていきたいなあと思う。たぶんもう一生分、イライラと責めることはしてきたんじゃないかな笑。あとはおだやかに生きたい。

自分がこうなりたい、家族とこう暮らしたいと思いながら、自分が昔されてきたことをしてしまう。そうして生きてきた環境と同じものを作って安心してしまう、人間のくせがあるから、見つめ直したらいいかもしれないね、って聞いたその言葉通り、理想ばかり追い求め、目の前は昔の状況を繰り返していた自分がいたんですね。少し抜け出せた、そうして目の前を見ながら生きていける日々。これからも変わって行きたいし、きっと変わってゆく。そう、自分に思います。

自分が楽になった、と思ったら大ちゃんに笑顔が変わっていました。顔色が変わったんじゃないかってくらいではちきれそうな顔してわらってくれます。自分の主張を思い切りしてくれます。人前でもだっこー!!(7歳、甘えん坊です)、コユ大好きーと追いかける。コユもいたずら放題、甘え放題。言葉でなくてウニャウニャと甘えながら気持ちを伝えます。受け入れてほしい、って今の彼らの気持ちをやっと感じられる私がいます。おお、そうかー、って他人のように冷静に見れてしまうことも多くて、甘え放題がかわいい我が子たち。でも、きっとこれは自分、なんですね。これはついつい忘れてしまうけど、こんなに甘えたかったなー、私。そう思うから旦那さんもですね笑。部屋が散らかってても怒らなくなりました、今日は調子悪いんだねって。

 

もちろんぶつかり合うこともある。でもその都度、何を見つめたらいいのかゆっくり目の前を見つめて感じてみる。そんな日々になりました。

 

こどもたちのリクエスト。アンパンマンのお子様ランチ。今日あるものでできるのは、おむすびとかぼちゃの煮物をハートにして旗立てたのと、スープと佃煮。みかんジュースがあったからつけたらランチになって喜んでくれた。よかった。

f:id:yurukkosae:20161128200536j:plain

f:id:yurukkosae:20161128200608j:plain

 タイに向けてあるものを食べる。昨日は黒米のおはぎ。小豆を煮て、米飴で甘みをつけた。かなり甘さ控えめ、我が家用。あと、今日は写真撮り忘れたけど、いただいた無農薬無化学肥料の米粉で蒸しパンを作った。甘みはハチミツを少し。少しの塩を入れてシンプルな蒸しパンだけど絶品だった。やっぱり素材がすごいから。冷蔵庫がないから余計なストックがなくていい。お米がもうあまりないので、明日はかぼちゃのグラタンとお蕎麦かな。