子どもと暮らす時間の中で。

グズグズ言わないで。

また言っちゃったな、この言葉。 多分お母さんの多くはこの言葉を使ってしまう人も多いはず。 子どもの不満からくるであろうこのグジュグジュさんに生理的に耐えられなくなってしまうのはお母さんだからかな、とおもう。 我が子には幸せでいて欲しいから不満…

家族として。

知り合いの家族がお引越しすることになった。 お父さん、お仕事で忙しくて、ここらにいると子どもたちと怒涛のようにすぎる1日が大変なんだって。 って五歳の娘に伝えたら「お引越ししても変わらないんじゃない?」とこたえた。 おお、いろんなこと想像して…

遊びは学び。学びは遊び。日々は学びであふれてる。

私の好きなことの一つ。 子どもたちが遊びを発見する姿をみること。 ジャングルで食べられるものを探していたらついてきた子供たちが、ハットで遊ぶ。 ここではいつも自分で遊びを生み出す。 森は遊びでいっぱいだけど一緒にいる友達がいるから遊びが次々に…

みてみて、きいてきいて。

さてさて5歳になるこゆのはなし。 膝にいることが多いこゆは自分の話をするときに、私の顔を両手で挟んでにんぎょうのようにくいっと自分の方に私の顔を回して話をする。 聞いてるんだけどね。 みてるんだけどね。 私はそのつもりでも彼女がもっとちゃんと全…

子どもたちと過ごす長い時間の中で。

今日から大ちゃんは村の学校へ。 8時から3時半までなので朝はちょっと忙しい。5時には起きてみんなのがご飯を作るより早めにお昼の準備。そしておべんと持ってバイクに乗って出発。 今週末から旦那さん留守のため、歩いて往復を共にしようかと思っていたとこ…

アレルギーと共に暮らしてる日々。その②

さてさてサハイナンについてからの娘のアレルギー対応というか食事のこと。 わたしの英語の発音が良くないのと、文法もよくわからなくてね、みんなに伝わるのに時間がかかってます、笑笑。 なので、その都度キッチンに行って食べれるか様子を見る。 んでそれ…

親として伝えられること。

サンドットさんから学んだこと。 共にいる小さなうちだから、彼らのペースに合わせて働く。 親は先生だから。ゆっくりゆっくり彼らと動いて日々を築きあげて行くんだ。 例えばここで言えば、うちを建てる時、畑を作る時、出かける時。 まきから調理して食事…

ホームスクール。

大ちゃんが初めて、ウクレレ教えて、っていったので始めました、ホームスクール、笑。 勉強も教えてって言われたら、始めようと思っていて、時々部分的に聞かれていたけど、初めてこれやりたいから教えて、って言われたのでコードが少ないのからはじめてみま…

アレルギーとともに旅にでる。

うちの娘ちゃん、アレルギーをたくさん持ってることがわかりました。 もう少ししたらはっきりした症状が出ていただろうと思われる小麦、たまご、甲殻類は爆発寸前だったようで数値の高さにびっくりでした。 これを筆頭に南国くだものも含めて、ほとんどのア…

自分が自分らしく生きるために

自分の生きてきた道を振り返る。 わたしの自分らしさがどこを見つめることで蘇ってくるのかが見えてきた気がします。 そういう作業ができる人様とのおつきあいをしていけたら生きることが豊かになる、そんな気がします。 だからわたしは、子どもたちと幼稚園…

重いけど軽くした話。自分の育ちと自己肯定感。

わたしの幼い頃のことで覚えてることは、辛かったことをいくつか。 楽しかった記憶はほとんどなくて、結婚して旦那さんが4歳から記憶を持ってることにびっくりしたことがある。 それも楽しかったことがたくさん。 自分の当たり前と彼に当たり前の違いに顎が…

きょうのこどもたち。雪の宝石屋さん。

宝石屋さん。 絵具をしていたら思いついちゃったらしい。 ぱれっとに並んだ宝石たち。 こゆは宝石を作る人。 宝石置きを作るとそとからつららをあつめてきてのみで叩いたり、ストーブで溶かしたりする大ちゃん。 できた! 溶けないように大切に雪の中に並べ…

クリスマス。2018。

こゆがサンタさんからスケートのチケットをもらったのでアイスアリーナへいってきました。 ここ数年、タイでのクリスマス、ヨーロッパの人たちがパーティしてくれていてね、三年ぶりのクリスマス、イン ジャパン。 うちはクリスチャンじゃないからサンタさん…

おかあさんの歌。

おかあさん 僕を生んでくれてありがとう ぼくはこんなにひとをすきになれました それはあなたが やさしくしてくれたから その優しさを つかうひとになれました 子どもたちの通う幼稚園で園長が作ったうたです。 それに卒園生のお父さんが曲をつけてくれたそ…

好き、というきもち。

我が子を見ていて思うことがある。 大好きな人がいるっていいなって。 大ちゃんにも、こゆにも、大好きな友人がいる。 しかもそれが両思いで(同性もいれば異性もいます、笑)、一緒にいられない時間が続いても、手をつなげばすっと遊び始める。 このミルクと…

優しさと想像力。

9歳になった大ちゃん。 家族で、兄、妹でいる時間が長いこともあってか、私たちを想ってくれる気持ちがたくさん目に見えるようになりました。もちろん今までも彼の思いは感じていました。 けれども今はね、行動でも示してくれる。 というか、一緒に過ごす時…

我が子に寄り添う時間。

我が家の男子チームは1週間、私たちは4日弱ほどの東京滞在を終えて札幌に帰ってきましたー。 大ちゃんは旦那さんのお仕事におつきあいし、トランジッションジャパンのイベントや、旦那さんの会いたい人に会いながら、いろんな思いで過ごした1週間。旦那さん…

もうじき大ちゃんハーフ成人式。

真っ暗の山の家、車も持たずお留守番。そばに住む五郎さんご夫婦も珍しく外泊なので、二人で過ごした初めての夜。 明るいうちに全てすませて布団に入って寝ただけなんですけどもね。 四人で過ごすテントに男子二人がいないと200ワット下がるからかちょっと寒…

あめあがりのこどもたち。

雨上がりの日。 室内で満足した子供達。 そとであーそぼ。 と出て行った。 そしてなにやら作ってよびにきた。 「冒険コース作ったんだ!!」 見に行ったらこんな感じに。 今朝、この水たまりの排水に失敗して延期してた池になった側溝。 どこからか板を見つ…

今日の子供たち。2018年初雪の日。

風が強いさっぽろ。 今朝から子供たち、庭を走り回って、風に乗る練習をしていました。 んで、3時を過ぎて、この風に乗って旭川のばーちゃん地まで行くっていうんです。 おお、すごい夢ですな。 行っておいで、というとお弁当の準備を始まる大ちゃん。 おや…

暮らしが楽しい。

大ちゃん、この季節になると風邪をひく。 冬に変わる時だから体が調整をしてるのだと思うから、この時期はなるべく気長に付き合うように、風が経過していくのを待つ。 小さなうちの中にいるのもいいけれど、外が近いから外の空気を入れに外でご飯を食べてま…

人が暮らすということ。

人が生きていくということを感じる。 人が暮らすということはどういうことかを感じる。 私たちが暮らすスペースを少しください、と言って始めた山暮らし。 けれども日当たりが悪すぎて周りの木を少し切らせてもらった。 旦那さんに立ち会って私は娘と幼稚園…

大ちゃんの学び。

先日、我が家にお客様が来てくれました。 パーマカルチャー研究所の取材に来てくれたライターさん。 詳しくはパーマカルチャー研究所のブログに載ってる西村さんて女性の方。 その方の生き方に私は感銘を受けました。 通勤電車に乗りたくないからOLはできな…

今日のお楽しみは。

子どもたちとこくわ 採り。 これね、サルナシって本当は言うのだけど猿が喜んで食べちゃうからそう言うんですって。 うちのそばのおじちゃんがとっていいぞーって言ってくださったので、ハシゴ担いでとらせてもらいました。 でも私、そう言うことをしてきて…

不便であると言うこと。

山暮らしを始めて人生の先輩の話を聞かせてもらうことが増えました。 私は結構それが好き。 でね、五郎さんの奥さん、お裁縫の達人。 こんど昔のミシンを見せて欲しいんだと、お願いした時に、昔は名前の刺繍もジグザグミシンを使って手作業だったの、なんて…

山の中での暮らしを楽しむ子供達。

子どもたち、どんな風に過ごしてるかというと。。 あのネットの手前の穴の中で土木作業してます。 本日の札幌は薄めのジャケットが必要な木枯らしと小雨の降る1日。 うちの前の雨が降った時の山の水が溜まる穴に温泉掘ってます。 大人はかなり寒いので上着来…

我が家のキッチン。

我が家のキッチン公開。 地震の時もいつもと変わらず稼働してくれたキッチン。 こうして地震直後も数日は生きていけるイメージが立てられ、私たちの心を支えてくれた。 数年のいろんな経験を生かしてある今の暮らしに感謝しています。 室内の給水システムは…

山の恵み!

きょうは山のキノコを教えてもらってとってきました。 これ、ボリボリっていうんですって。 私たちにこれをおしえてくれた山の料理人、sさんはお味噌汁にしてくれたんですけど、めちゃめちゃうまい。 私たちは畑の料理人yさんのアドバイスによりお醤油であえ…

小さな太陽光発電機。

台風一過の翌日の晩。 大きな揺れがあった。 北海道地震。東京で経験した東日本大震災を思い出す揺れだった。 揺れが止まっても体の震えが止まらない。明るくなってようやく落ち着きを取り戻した。 ちょうどこの日から3泊で東京に行く予定だったのでリュック…

山暮らし始めました、妻の記録。

いろんなことが、今、起こり過ぎて今しか見えない一週間が過ぎて行きました。 初日から大雨。 テント暮らしもできず、慌てて家の掃除をして室内にテントを張って寝室に。 なぜテントかってね、もともと土足で使っていた小屋だから拭いても砂っぽかったから布…